このページの先頭です
ここから本文です
  1. HOME
  2. 社員インタビュー

仕事にひとすじ INTERVIEW!先輩社員に聞いてみました!

経験を活かし自信に繋がる、 責任の持てる仕事。

今、現在どういう仕事をされていますか?

配車コーディネーター業務を担当しています。配車コーディネーター業務とは、物流(生産者~消費者までの商品の流れ)を円滑に運営するために、必要に応じてトラックを確保し、運転手の割り当て指示を行うなど、いわば物流業界の「司令塔」の役割を担っています。 具体的には、荷主からの製品輸送依頼に対し、製品情報(送り先住所・大きさ・重さ等)を考慮し、最適なトラックを確保してから、運転手に対し、主に「いつまでに」「どんな製品を」「どこまで配送するのか」の指示・伝達を行います。
また、利益追求のために、運行内容に応じたコスト計算の管理も行っています。

関わった仕事の中で一番印象深かったことは?

2011年3月11日、東日本大震災発生時の輸送に関わったことです。当時、東北方面への緊急品輸送の要請を荷主から依頼されましたが、震災直後は道路通行規制が発令されていた為、警察署へ全車輛の緊急通行許可の申請が必要でした。その手配を全て整え、緊急品の輸送を行えたことは印象深い出来事です。
また、会社としても震災地へ救援物資を輸送する為、自車車輛を使用して支援活動を行ったことも大変印象深く残っています。中でも、震災地に到着した乗務員から、被災地の方々が大変喜んでいたと、報告を受けた時は、感慨深いものがありました。

会社に入社する前と、現在との北港運輸(運送会社)のイメージ

入社前は運送会社に関して知識がなく、生活品(物資)を輸送するイメージを持っていました。しかし、入社後は想像とは異なり、配属先では住友電気工業様が製造されている通信光ケーブルや、電力ケーブルなどを輸送しており、インフラの物流を行っていました。特に、電力ケーブル輸送に関しては、布設輸送(マンホールから新しいケーブルを地下に通す)と撤去輸送(マンホールから老朽化ケーブルを抜き取る)作業も含まれる為、弊社では各作業に応じた特殊な専用車輛を保有しており、同業他社には、真似できないような輸送も積極的に携わり、社会貢献している会社であると実感しています。

仕事をする上で心がけていることはありますか?

次の5つを心がけて業務に臨んでおります。「1.何事にも誠実に対応すること」「2.コミュニケーションを積極的にすること」「3.整理・整頓、身だしなみに注意すること」「4.楽しく仕事をすること」「5.利益確保を第一優先に考え、コスト管理を徹底すること」

休日の過ごし方

学生時代に友人と草野球チームを結成して15年程経ちますが、今でも結成当時のメンバーと毎週、日曜日に淀川の河川敷で練習したり、年に数回ですが大会(一番下の階級)に参加しながら、下手なりに活動してます。年齢を重ねるごとに、メンバーの体力低下が如実に表れている為、今では勝ち負けにこだわらず、体を動かすことをメインに楽しく参加しています。
また、休日を草野球に参加してばかりの為、家族からの反感が激しく、最近では京都の寺巡りやショッピング、行く先々で有名なCaféに寄って家族とゆっくり過ごす時間も大切にしています。

ページ上部へ戻る